『과학철학』 14권 2호